園の紹介
  • 園長メッセージ
  • めざす幼児像
  • 施設紹介
  • ご案内・アクセス
園長メッセージ
園長 坂本 多津子
いつも子どもの可能性を信じて
元気・勇気・やる気・昭和っ子
を育てていきます。

毎朝、「おはようございます!」明るく元気なあいさつで始まる昭和学園。
若さあふれる先生、子育て中のお母さん先生、パワー全開の体育の先生、おいしくて栄養満点の給食を作ってくれる栄養士さん、病気やけがの時に看てくれる看護師の先生、困っているとすぐに駆けつけてくれる用務員さんなどバラエティーに富んだ先生たちが、大切なお子様をお待ちしております。
四季折々が感じられる豊かな環境と、広い園庭で心も体ものびのび、思う存分動かして、遊びの中から色々な事を学びます。やってみよう!のチャレンジ精神で元気・勇気・やる気・昭和っ子を育てていきます。
そして、安心して預けていただけるようにお子様一人ひとりに寄り添い見守っていきます。よろしくお願いします。

園長先生 ブログ
昭和学園のめざす幼児像

命の尊さを知り、友達の心の痛みが分かる子ども

本園の教育目標

人間性豊かで、心身共に健全な子どもの育成に努める。

早寝、早起き、朝ごはん
心身共に健康で明るい子ども

教育・保育方針

国家百年の人材の基礎は教育にあり、しかもその根源を培うものは、幼少年の教育にある事は言うまでもない。「三つ子の魂百まで」との諺のように、幼児期は人格の形成期であり、その人の生涯の人柄が決まる大切なこの期に良き環境と適切な指導により健康で美しい人材育成を目指す。

物事への興味や関心を持ち、自分で考え楽しく表現する子ども

本園の努力目標

生きる力の育成を根底にそれぞれの発達段階に応じたねらいを持ち、流れのある保育活動を行う。その中で、色々な経験や体験をする事で自ら考えて行動できる子ども、色々な事を心や身体で感じる心豊かな子どもの育成に努める。

施設紹介
充実した園舎と環境

昭和学園の園舎は、静かな城内の「石垣の道」に沿って緑の木々に囲まれた赤い屋根の園舎、
「知」 「徳」 「体」を意味する三つのシンボルが光輝いています。


> 詳しい施設紹介はコチラ
  • 子どもが絵本をとって思わず読みたくなる雰囲気の図書室に、
    5000冊の絵本との出会いがあります。
  • 体育あそび、スポーツ教室のできる広いお遊戯室があります。
  • 講演会や映写会ができる小ホール。
  • 広いプールで楽しい水あそび、年長児は水泳指導も行っています。
  • 広いテラスからは、園庭で遊んでいる子ども達が確認でき、安全性にも心がけています。
  • 地球温暖化を心がけ、環境にやさしい芝生を園庭に養生しています。
  • 環境に優しい太陽光発電システムを取り付けています。
施設をもっと見る
昭和学園 ご案内・アクセス
教職員 紹介
園 長 1名
教 頭 1名
主 任 1名
保育教諭 49名
体育教諭 4名
英語講師 2名
お茶教室講師 2名
もじかずランド講師 1名
昔あそび講師 1名
庶 務 3名
子育て支援 2名
栄養士 2名
調理士 3名
看護師 2名
用務員 1名
預り保育担任 6名
一時預り担任 2名
略  歴
昭和36年3月 昭和幼稚園設立
36年4月 視聴覚教材導入
46年4月 園内・園外キャンプ導入
46年6月 大名小路より北城内の現地に移転
49年9月 県内初 プール設置
52年4月 体育専門教諭による体育遊び導入
55年5月 新園舎完成
62年4月 裏千家師範によるお茶教室導入
平成元年5月 「子どもの家」設置
3年4月 英語専門教諭による英語遊び導入
5年12月 図書室・小ホール設置
12年2月 ホームページ開設
18年 遊具(海賊船)設置
18年5月 課外活動導入
20年8月 園庭芝生導入
21年12月 太陽光発電設置
23年4月 認定こども園(幼・保一体化)